genbalog'14

第1回アイドル楽曲大賞2012

Posted on: 11月 28, 2012

もう年末ですねー!
5+1曲選びました。

ももたまい「シングルベッドはせまいのです」

実話エピソードを盛り込みまくって作られた一曲。
前山田氏がメンバーと良い意味で距離が近いからこそ
生まれた傑作ではないでしょうか。

曲が生まれるキッカケやフットワークの軽さみたいなものが
今風だなー、と思った。

吉川友「こんな私でよかったら」

リリースは昨年なんだけど、日程の関係で
今年の楽曲大賞にノミネート。
緩急がしっかりしていてキモチイイ!
きっか曲の中でいちばんのお気に入りです。

初めてクラブで実演した
POP SONG 2 U(西麻布eleven)での
パフォーマンスは最高だった!

Dancing Dolls「上海ダーリン」

ORANGERANGEの有名曲をリメイク
とにかくキャッチーなので原曲出た時から気になってたけど
あまりにベタ過ぎるというかジャンク感強いというか
とにかく素直になれなくてCDを買わなかった思い出が。

だけど元気な女の子たちが2012年にあっけらかんと踊ってる!
嬉しかった。すぐ買った。
リスナーを素直にさせる効果が
アイドルにはあるのかなと思った。

ダンドルさん、お願いですから
LIVEでたくさん聴かせてくださいな!

Perfume「Spring of Life」

世界を見据えてリリースした
ユニバーサル移籍後第一弾シングル。
「アンドロイド的な女の子の中に見え隠れする
人間味」というPerfumeの基本をあらためて
表現してみせた名刺代わりの一曲。

個人的にはひさしぶりに
好みバッチリな感じで嬉しかった。

KGY40Jr. 「BALLPARK V-DANCE」

リリースイベントに行った際に
作曲者の皮茶パパが「こういう作品に至ったワケ」みたいなものを
語ってくれたのだが、まったく意味が判らなかった。
曲は聴いてるとクセになる!麻薬とか何ちゃらハーブって
こんな感じなのだろうかと想像しちゃう世界。
今年の再生数トップだった。

バービバブブーン、ベースボール!
なかなか書けませんよ。
この曲を聴くと「アイドルの事を簡単に
わかったつもりになっちゃダメだな」と
気持ちが引き締まります。

[追記]
吉川友は「ハロプロ楽曲大賞」のほうに
入ってるからノミネートリストに無かった!><
ということで新たに一曲追加。

私立恵比寿中学 「仮契約のシンデレラ」

デフスター第一弾シングル!
最初からよくもまあこんな素敵な曲をもらったもんだなあと
嬉しくなった。

川崎ラゾーナで堂々としたパフォーマンスを見て
妙に安心したのを覚えています。
ラゾーナに負けない存在になってる!

~~~~

で、これは今年発表されたけどCD化されてないので
大賞とは関係ないんだけど「俺の心の楽曲大賞」として
ブログで勝手にご紹介。

RHYMEBERRY 「SUPERMCZTOKYO」

もうね理屈じゃないというか
聴いただけで心躍るゴキゲンなビート!
ライムベリーメンバーがお店をはじめたら?みたいな
可愛らしく楽しい妄想歌詞が最高。

Funky Bureauの「クラップ・ユア・ハンド」を大胆に
サンプリングしてますが
いろいろクリアして製品化できないものですかね-?
ともかく今年の思い出染みついてます。大好き!

~~~~

以上 おそまつさまでした。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

2012年11月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

ぐぐたす

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。